【競輪選手名鑑】兄弟でS級の吉田拓矢選手が宇都宮G3を制覇!

BKBだ!

今回は宇都宮G3で優勝した「吉田拓矢選手」を紹介するぞ!

俺が1番注目している競輪選手なので、今後の更なる活躍が楽しみだw

元プロの俺だからこそ分かる情報もあるため、最後まで読んでみてくれ!

BKB
吉田拓矢選手はどんな選手なのか。元プロの俺が紹介しちゃうぞ!

吉田拓矢選手とはどんな選手?

まずは、吉田拓矢選手がどんな選手なのか確認していこう。

吉田拓矢選手の選手情報

選手名 吉田 拓矢
都道府県 茨城県
生年月日 1995年5月7日
期別 107期
ホームバンク 取手競輪場

出典http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=015039

吉田拓矢選手は茨城支部に所属しており、取手競輪場をホームバンクに置く選手だ。

茨城支部と言えば、10度のグランプリ出走経験を持つレジェンド武田豊樹選手。G3を3度制した事がある吉澤純平選手を筆頭に、実力者揃い。さらには、ガールズケイリンのアイドルである荒川ひかり選手も所属している事からファン人気も高いぞ。

 

107期生を見ると、吉田拓矢選手が頭一つ抜けている印象がある。とはいえ、新山響平選手や小川真太郎選手などもラインの番手で勝負するレースが増えていることから、今後はもっと結果を出してくれるだろうな!

ちなみに、競輪学校時代にはゴールデンキャップ賞を受賞している。期待の新人としてデビューしていた時期が懐かしいな!w

吉田拓矢選手のレース情報

達成日 レース
デビュー 2015年7月1日 弥彦F2
A級初優勝 2015年7月3日 弥彦F2
S級初優勝 2016年1月3日 静岡F1
ビック初優勝 2021年11月23日 小倉G1競輪祭

2015年に弥彦競輪場でデビュー完全優勝を果たしているバケモノで、年内にS級へ昇格。翌年の2016年1発目では完全優勝を達成するなど、怪物級の活躍を見せてくれている…。

その後、S級で実力を付けて2021年の競輪祭では初のビッグレース優勝。デビューからたった5年で競輪界の顔となってしまったのだ。

あくまで俺の予想だが、今後10年以上はビックレースで活躍してくれるだろうな!

競輪グランプリ2021に出走!

出典http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/report/graderace/grandprix/2021/report_3.html

2021年のG1競輪祭で優勝した吉田拓矢選手は、競輪グランプリ2021に出走していたぞ。

打鐘前にレースの主導権を握り先行逃げ切りを図ったが、最終バックで垂れてしまい9着に沈んでしまった…。

次の競輪グランプリでは、入着を目指して欲しいな!

吉田三兄弟の活躍に期待!

競輪界には有名な兄弟レーサーが存在するのは知っているだろうか?

脇本兄弟(雄太・勇希)

村上兄弟(義弘・博幸)

兄弟で競輪選手として活動する事でさえ珍しいが、有名選手であればあるほど注目度が高いのは当然の事と言えるだろう…。

数多くの選手がいる中で、現在最も勢いがある兄弟レーサーは誰か?

それはもちろん。吉田拓矢選手を筆頭とした吉田三兄弟であることは間違いない!

そんな吉田三兄弟の弟たちを紹介していくので、気になる人はぜひ見てくれ!

吉田昌司選手

出典http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/report/GIII/23toride/2019/report_0.html

三男の吉田昌司選手は111期で、現在はS級で戦っているぞ。

まだグレードレースで結果を出せていないが、S級でコンスタントに準決勝に乗る事が出来ている。

先行で仕掛けて行く事が多いので、前残りに期待していきたいな!

吉田有希選手

出典http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/report/GIII/12aomori/2022/report_3.html

四男の吉田有希選手は、控えめに言って怪物だ。

2021年にデビューしたのだが、11月にはS級で完全優勝を果たしている…。

飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍しているため、今後はビックレースでの結果に注目したいな!

吉田拓矢選手は結婚している?

俺の情報網を使ってみたが、吉田拓矢選手が結婚しているという情報を得る事は出来なかった。

日頃の疲れは、自宅で飼っている猫に癒してもらっているらしい…。

どんな女性と結婚するのか楽しみだな!

吉田拓矢選手 まとめ

出典http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/report/GIII/24utsunomiya/2022/report_3.html

宇都宮G3を優勝した吉田拓矢選手について、分かって頂けただろうか?

今後もS班で活躍してくれる可能性が高い選手のため、注目しておくべきだと思うぞ!

出走するレースでは、別線を捲ってくれる事に期待しよう!