【富山競輪場】FⅠチャリロト杯2020 無料予想

開催二日目になるFⅠチャリロト杯

初日は万車券と50倍前後の払戻が
バランスよく出ていたが
10Rでは39万車券という超高額払い戻しのレースとなった。

その10Rでは松崎貴久選手谷口遼平選手が本命視されていた。

4車ラインということで連携次第では
固い決着になると誰もが予想していたことだろう。

だがレースは藤田勝也選手の引っかけで村上卓茂選手が落車し
谷口遼平選手が巻き込まれて落車してしまう。

ライン形成は混戦で滅茶苦茶状態。

ビビった窓場千加瀬選手が減速し後方から
鈴木謙二選手が捲って1着となった。

人気選手が落ちたので高額払い戻しになったようだ。

二日目のレースはそんな事故が
起こらないよう検討を祈るばかりだ。

それでは二日目のチャリロト杯を
予想していこう。

▼富山競輪 (6/4)「 FⅠチャリロト杯」【10R】S級準決勝[15:40]

富山競輪 6/4「FⅠチャリロト杯」の買い目
若手3近藤龍徳選手が軸。

先行するのは7神田龍選手
B回数が多いので先頭を引っ張ってこれる脚を持っている選手。

番手の3近藤龍徳選手が最後の
直線でまくる可能性が高い。

同県の奈良ラインの5三谷将太選手9中井俊亮選手がいる。

1着を取れていない9中井俊亮選手だが
番手の5三谷将太選手にフォローされれば
上位着順に食い込める可能性が高い。

BKBが狙う買い目はコレだ!
【10R】3連単6点勝負
1着 37
2着 379
3着 59

▼富山競輪 (6/4)「FⅠチャリロト杯」【11R】S級準決勝[16:20]

富山競輪 6/4「FⅠチャリロト杯」の買い目

大ベテランの7吉田敏洋選手が本命。

1北野武史選手4坂上忠克選手の石川コンビが
番手に回りフォローに死角はない。

6山本巨樹選手9冨尾享平選手5前田拓也選手のラインが
大阪同県ラインなので連携はしっかりしているので
対抗ラインとしては十分注意だが
6山本巨樹選手が若手なので番手の二人を
うまく引っ張れるかが懸念点。

このレースは7吉田敏洋選手を筆頭にライン決着が濃厚のレースだ。

BKBが狙う買い目はコレだ!
【12R】3連単6点勝負
1着 3
2着 14
3着 1468

▼富山競輪場 (6/4)「FⅠチャリロト杯」【注目選手】はコイツだ!

12R S級準決勝

吉田敏洋選手の豆知識

吉田敏洋選手

2000年に一宮競輪でデビュー。

デビュー戦1着を飾りそのまま完全優勝する。

当時はB級ランク制なのでS急に上がったのは2002年。

そして2003年にS級1班にスピード昇級する。

2002年のヤンググランプリは4着だったが
S級1班入りしてからは数多くのGⅠGⅡに出場している。

GⅡとGⅠの優勝歴は無いのが残念であるが
経験値はピカ一なのは言うまでもない。

通算勝利数も450勝を越しており
500勝手前まで来ている。

今年の成績はよろしくないが
調子を取り戻せば
コンスタントに勝ち上がることのできる選手。

自在選手だが逃げは苦手。

差しや捲りマークと他戦法の対応力は高く
吉田敏洋選手の番手に回ることが出来れば
安定して勝利できるという旨みのある選手だ。

11/11(水)更新 本当にアタル競輪予想サイトがコレだ!

①競輪CLUB虎の穴
11月9日「久留米2R」
211,200円獲得!!

②シャカリキライダー
11月5日「小倉2R→小倉6R」
299,970円獲得!!

③競輪裏街道
9月20日「伊東9R→伊東10R」
647,190円獲得!!

④JKI 日本競輪投資会
8月25日「玉野2R→玉野7R」
300,240円円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る
⑤競輪カミヒトエ
7月3日「小松島5R→小松島8R」
224,840円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る

■よく読まれている記事