【和歌山競輪場】GⅠ高松宮記念杯競輪2020 無料予想

開催初日となるGⅠ高松宮記念杯競輪

4月の静岡GⅠ日本選手権競輪新型コロナウイルスの影響で
開催中止となったため
2月のGⅠ全日本選抜競輪以来4カ月振りのGⅠ開催となる。

S級S班の9名が勢ぞろいした今年初のレースでもある。

だが高松宮記念杯競輪は東西分かれて争うため
グランプリのような集結レースは無いので注意だ。

またグレードがGⅠなので
年末のKEIRINグランプリの出場権を奪いある大会でもある。

優勝すれば自動的にグランプリ出場権を得ることが出来るため
是が非でも選手たちは優勝をしたいはずだ。

GⅡや記念競輪のGⅢとは打って変わった
ガチのレースが開催されるとあっては
競輪ファンたちは待ち遠しかっただろう。

それでは初日の高松宮記念杯競輪を予想していこう。

▼和歌山競輪 (6/18)「GⅠ高松宮記念杯競輪」【11R】S級東特選[15:55]

和歌山競輪 6/18「GⅠ高松宮記念杯競輪」の買い目

東の特選レースだ。

7新田祐大選手は今年初レースとなる。
19年グランプリ覇者の1佐藤慎太郎選手
ワンツーを考えたいはず。

だがナショナルリーグの競技に専念しているので
競輪のルールーで一瞬でも手間取る事を考慮すると
実力だけを見て軸にするのは危険だ。

競走得点のトップの3郡司浩平選手だが
ナショナルリーグの4松井宏佑選手という好目標を得たことで
自慢のまくりが決まりやすくなったか。

ただ手綱が4松井宏佑選手次第なところもあるので
過度な期待は禁物だ。

今回珍しく前受を2平原康太選手が担当している。

関東選手で4車ラインを率いるが4車ラインの為
重くならないかが心配だ。

とは言え前も後ろも走れる自在選手なので
中団を制圧して番手選手に捌かせることが出来れば
上位着順を制圧することが出来るはずだ。

BKBが狙う買い目はコレだ!
【11R】3連単10点勝負
1着 23
2着 237
3着 147

▼和歌山競輪 (6/18)「GⅠ高松宮記念杯競輪」【12R】S級西特選[16:35]

和歌山競輪 6/18「GⅠ高松宮記念杯競輪」の買い目

西の特選レースだ。

ナショナルチームの5脇本雄太選手も今回競輪初出走となる。
だが不安材料は一切ない。

元S班の6三谷竜生選手1村上博幸選手を連れて先行する。
ラインが千切れる心配はライン選手的にもない。

むしろ圧倒的に有利な布陣と言える。
5脇本雄太選手が圧倒的なスピードで逃げ切りを図るはずだ。

対抗大本命なのはS班コンビで好連携を何度も熟している。

7清水裕友選手9松浦悠士選手だろう。
とは言えこのこの二人に関して言えば

7清水裕友選手がGⅠ優勝済みで
9松浦悠士選手は賞金ランキングすでにダントツ。

賞金ランキングトップとは言え
優勝をしておけばグランプリに専念できる。

単騎を選択した2浅井康太選手
競輪1の自在選手。

ラインの隙を突くなり身軽にレース展開に
併せて走る事が出来る。

実力拮抗のこのレースでは
その立ち位置は有利に運ぶはずだ。

BKBの予想した買い目はコレ!
【12R】3連単8点勝負
1着 59
2着 59
3着 1267

▼和歌山競輪場 (6/18)「GⅠ高松宮記念杯競輪」【注目選手】はコイツだ!

11R S級東特選

郡司浩平選手の豆知識

郡司浩平選手

2011年に川崎競輪でデビュー。

デビュー戦は2着で二日目に初勝利を飾った。
初優勝は意外にも遅く5か月後に完全優勝を飾っている。

S級に上がったのは2年後の13年。

競輪学校では10位で卒業しており
期待はされていたがスピード出世ではなかった。

だがS級に上がってからは成績はうなぎ登りで
19年にS班に仲間入りし
初めての夢のグランプリに出場した。

GⅡでの優勝は17年のウィナーズカップと
19年の共同通信社杯競輪のみ。

GⅠでの勝率はイマイチだが
S班に上り詰めるほど成長した
郡司浩平選手はまだ29歳。

これから経験値も含めて
成長著しい域に入る。

20年もグランプリ選出圏内にいるので
連続出場を期待したい。

11/11(水)更新 本当にアタル競輪予想サイトがコレだ!

①競輪CLUB虎の穴
11月9日「久留米2R」
211,200円獲得!!

②シャカリキライダー
11月5日「小倉2R→小倉6R」
299,970円獲得!!

③競輪裏街道
9月20日「伊東9R→伊東10R」
647,190円獲得!!

④JKI 日本競輪投資会
8月25日「玉野2R→玉野7R」
300,240円円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る
⑤競輪カミヒトエ
7月3日「小松島5R→小松島8R」
224,840円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る

■よく読まれている記事