郡司浩平選手の豆知識
郡司浩平選手
郡司浩平選手

2011年に川崎競輪でデビュー。

デビュー戦は2着で二日目に初勝利を飾った。
初優勝は意外にも遅く5か月後に完全優勝を飾っている。

S級に上がったのは2年後の13年。

競輪学校では10位で卒業しており
期待はされていたがスピード出世ではなかった。

だがS級に上がってからは成績はうなぎ登りで
19年にS班に仲間入りし
初めての夢のグランプリに出場した。

GⅡでの優勝は17年のウィナーズカップと
19年の共同通信社杯競輪のみ。

GⅠでの勝率はイマイチだが
S班に上り詰めるほど成長した
郡司浩平選手はまだ29歳。

これから経験値も含めて
成長著しい域に入る。

20年もグランプリ選出圏内にいるので
連続出場を期待したい。

▼郡司浩平のプライベート情報

野球少年だったが
甲子園出場の夢が叶わず
目標を失っていた。

父親が競輪選手の郡司盛夫選手だが
選手になることを伝えると
普段とは違う態度になり
さらに誓約書も書かされ師弟関係となった。

相当厳しかったと本人は語っている。

礼儀から言葉遣いまで徹底的に
高校生の時に叩き込まれた。

そのおかげか
選手としての交友関係に
スキャンダルは無く。

また練習にはストイックな姿で
川崎競輪の選手たちからは理想像の選手となっている。

新型コロナウイルスの影響で
献血不足となった際に
川崎競輪の選手とスタッフたちを巻き込んで
50名近い人数で献血を貢献するなど
社会的貢献もしっかり行っている。

その時に採取された血を選手達が
「郡司浩平の血を輸血すれば強くなるんじゃないか?」
なんてことも言われ川崎競輪は爆笑の渦にあった。

今まさに公私ともに活躍中の
郡司浩平選手のケイリントップへの
駆け上がりを期待したい。

11/11(水)更新 本当にアタル競輪予想サイトがコレだ!

①競輪CLUB虎の穴
11月9日「久留米2R」
211,200円獲得!!

②シャカリキライダー
11月5日「小倉2R→小倉6R」
299,970円獲得!!

③競輪裏街道
9月20日「伊東9R→伊東10R」
647,190円獲得!!

④JKI 日本競輪投資会
8月25日「玉野2R→玉野7R」
300,240円円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る
⑤競輪カミヒトエ
7月3日「小松島5R→小松島8R」
224,840円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る

■よく読まれている記事