元競輪選手が語る「佐藤慎太郎」のこぼれ話|競輪レース情報と選手秘話
目次
1 競輪グランプリ2019王者の佐藤慎太郎選手とは
・個人プロフィール
・競輪プロフィール
・ビッグレース優勝歴
2 佐藤慎太郎選手のレース情報
・G1 読売新聞社杯全日本選抜競輪
・競輪グランプリ2019
・昨年のレース結果
3 佐藤慎太郎選手のプライベート情報
・結婚はしている?
・気になる年収は?
・個性的なSNS
4 元競輪グランプリ王者の今後

▼競輪グランプリ2019王者の佐藤慎太郎選手とは

競輪グランプリ2019を優勝し、昨年は王者としてレースに挑んでいた。

最近競輪に興味を持ち始めた人は知らないかもしれないが、2000年代からトップクラスの競輪選手として20年近く活躍している大ベテランなのだ。

俺がまだ現役で走っていた時はまさに絶頂期で、同じ競輪選手ながら尊敬していた。

そんな競輪の一時代を築いてきた佐藤慎太郎選手について詳しくご紹介しよう。

個人プロフィール

氏名(漢字) 佐藤 慎太郎
氏名(カナ) サトウ シンタロウ
都道府県 福島県
生年月日 1976/11/07
年齢 44歳

参考http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=013162

今年で45歳とほぼ俺と同年代の競輪選手だ。

当時の同年代選手は佐藤慎太郎選手を目指して、選手生活に励んでいたといっても過言ではない。

現在でも若手選手の目標選手として、競輪界を引っ張っているレジェンド級の選手だ。

競輪プロフィール

最近の級班履歴

S級S班 2019/12/27
S級1班 2011/12/27
S級S班 2010/12/27

参考http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=013162

こぼれ情報

ホームバンク いわき平
期別 78期
ホーム競技場 泉崎国際サイクルスタジアム

参考http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=013162

最近の級班履歴を見るだけでも10年以上トップクラス競輪選手ということが分かる。

ホームバンクはいわき平競輪場
同じいわき平競輪の競輪選手と言えば、世界を相手に戦っている新田祐大選手だ。
新田祐大選手とビッグレースでラインを組んで戦うことは多いため、福島ラインには注目しておくべきだ。

78期の競輪選手で結果を残せているのは佐藤慎太郎選手のみ。
長きにわたって第一線で活躍できる競輪選手はなかなかいないため、改めて一流であると断言できる。

ビッグレース優勝歴

開催初日 レース 結果
2003/11/21 G1 読売新聞社杯全日本選抜競輪 2着・2着・2着・1着
2004/10/08 G2 共同通信社杯 3着・5着・2着・1着
2005/04/23 G2 ふるさとダービー 3着・5着・3着・1着
2019/12/30 競輪グランプリ 1着

結果を見ると予選では手堅く入着を続けて、決勝で勝負強さをみせているパターンが多い。

佐藤慎太郎選手が決勝に残った際には、予選での調子関係なく期待していいだろう。

競輪グランプリの優勝は約15年ぶりのビッグレース制覇のため、本人にとっても記憶に残るタイトル獲得となったはずだ。

▼佐藤慎太郎選手のレース情報

引用https://www.yen-joy.net/news/daily/detail/0/20200719/10161

佐藤慎太郎選手が最高峰の舞台で優勝した2レースをご紹介しよう。

G1 読売新聞社杯全日本選抜競輪

最初にご紹介するレースは初のG1制覇となった全日本選抜競輪だ。

初日の特別選抜予選では、中団から伸びていくが前を走る小川圭二選手を捉え切れず2着。

2日目のスタールビー賞では、逃げ切りを仕掛けていき前残りの2着。

3日目の準決勝では、頭を取った伏見俊昭選手の番手から発進するが2着。

最終日の決勝では、村上義弘選手の番手を小野俊之選手と取り合い確保することに成功。
しかしゴール前では再度小野俊之選手と激しい競り合いになり、捨て身の伸びで落車しながらも優勝を勝ち取った。

ゴール後に落車するほどの貪欲さは、見ている競輪ファンを興奮させる展開となった。

競輪グランプリ2019

次に紹介するのはもちろん佐藤慎太郎選手が優勝したレースの中で、1番の快挙であり記憶にも新しい競輪グランプリ2019
競輪界屈指のスピードを持つ新田祐大選手と福島コンビで挑み、番手からの強襲を狙う。

レースはファン待望となる、新田祐大選手・脇本雄太選手のナショナルチーム同士によって繰り広げられた先行争いで幕が開ける。

最終バックで頭に出たのは脇本雄太選手。次いで福島コンビという並びに。
最終3コーナーで佐藤慎太郎選手は、自力に切り替えて縦に踏んでいく。

直線に入り頭の脇本雄太選手か。伸びていった佐藤慎太郎選手か。
というファンの論争が競輪場で巻き起こったが、結果的に前に出ていたのは後者だった。

長らく競輪界を引っ張ってきたベテラン選手が、トップの座を勝ち取った瞬間に立ち会えた方は誇りに思ってよいだろう。

昨年のレース結果

出走数 優勝 1着 2着 3着 着外 棄権 勝率 2連対率 3連対率
合計 83 1 21 24 11 26 1 25.3% 54.2% 67.4%
F2 2 0 0 0 0 2 0 0.0% 0.0% 0.0%
G3 48 1 17 13 6 11 1 35.4% 62.5% 75.0%
G2 11 0 1 4 2 4 0 9.0% 45.4% 63.6%
G1 21 0 3 7 2 9 0 14.2% 47.6% 57.1%
GP 1 0 0 0 1 0 0 0.0% 0.0% 100.0%

引用http://keirin.jp/pc/racerprofile?snum=013162

王者として挑んだ昨年のレースであったが、優勝したのはG3で1度のみという結果に。

この結果を受けて、残念な気持ちになってしまったのは俺だけだろうか。

とはいえ入着率は6割を超えているため、車券を買う際には絡めるべき競輪選手である。

▼佐藤慎太郎選手のプライベート情報

引用https://keirincyclist-fc.jp/info/post-2553/

結婚はしている?

佐藤慎太郎選手結婚しており子供もいると公言している。

ファンからも好かれやすい競輪選手のため、円満な家庭を築いてくれているはずだ。

パパが似合う競輪選手だ。

気になる年収は?

競輪グランプリで優勝した2019年には、1億8000万ほど賞金を獲得している。

それだけでなく長きに渡って活躍しているところを見ると、お金に困ってはいないだろう。

トップ選手まで登り詰めることができれば、競輪選手という職業は夢のある仕事だ。

個性的なSNS

Twitterには頻繁に食事したものを投稿している。

気になるのは投稿された写真よりも文。

佐藤慎太郎選手のイメージにぴったりな投稿ばかりだw

普段から気さくな人だとわかる。

▼元競輪グランプリ王者の今後

2019年に、競輪界のトップに君臨した佐藤慎太郎選手についてわかっていただけただろうか。

昨年の結果はG3で1度優勝したのみとなってしまったが、相変わらずグレードレースでは強さを見せてくれている

最近のビッグレースでは予選敗退となってしまっているが、勝負強さは持ち合わせているためこれからも期待できる競輪選手で間違いないだろう。

プロも唸った競輪予想サイト(06/30更新)

①競輪CLUB虎の穴
06月29日 438,480円獲得!!

 

 

 

 

 

 

サイトの検証結果を読む

 

今すぐ「競輪CLUB虎の穴」を無料で見る

 

②競輪「裏」街道
06月28日 221,960円獲得!!

 

 

 

 

 

 

 

サイトの検証結果を読む

 

今すぐ「競輪裏街道」を無料で見る

 

③JKI
06月23日 571,120円獲得!!

 

 

 

 

 

 

 

 

サイトの検証結果を読む

 

今すぐ「JKI」を無料で見る

 

④競輪アンビシャス
06月19日 384,720円獲得!!

 

 

 

 

サイトの検証結果を読む

 

今すぐ「競輪アンビシャス」を無料で見る

 

⑤競輪神ヒトエ
06月24日 423,190円獲得!!

 

 

 

 

 

 

 

サイトの検証結果を読む

 

今すぐ「競輪カミヒトエ」を無料で見る

■よく読まれている記事