【富山競輪場】G3瑞峰立山賞争奪戦2020 無料予想

開催最終日の瑞峰立山賞争奪戦

まさかの浅井康太選手が決勝を逃した。

三谷竜生選手も同じく決勝に上がれなかった。

決勝に上がれたのは意地の走りで
S級S班の村上博幸選手だけだった。

決勝レースは誰が勝ってもおかしくない
見どころあるレースとなるだろう。

▼富山競輪 (8/2)「G3瑞峰立山賞争奪戦」【9R】S級予想[16:25]

富山競輪 8/2「G3瑞峰立山賞争奪戦」の買い目

決勝は近畿の選手で揃った。

中部は1吉田敏洋選手のみ。

だが近畿6車でラインは組まず別線だ。

2村上博幸選手5稲垣裕之選手のラインが強力だ。

ラインはバラでもレース展開によっては
上手く連携し直すことが考えれれる。

だが好調の2村上博幸選手が珍しく前受けとなっているのも注目点だ。

であれば番手の5稲垣裕之選手がかなり有利だろう。

中部単騎の1吉田敏洋選手のが上手く入り込めれば
荒れて万車券になる可能性が高いと見る。

単調なレース展開となれば
2村上博幸選手と5稲垣裕之選手でワンツー濃厚だ。

BKBが狙う買い目はコレだ!
【9R】3連単8点勝負
1着 25
2着 25
3着 1367

▼富山競輪場 (8/2)「G3瑞峰立山賞争奪戦」【注目選手】はコイツだ!

9R S級決勝

稲垣裕之選手の豆知識

稲垣裕之選手

2001年に富山競輪でデビュー。

デビュー戦1着を飾る。
最終日決勝は残念ながら4着だった。

だがすぐに福井競輪で完全優勝を挙げている。

学校成績は14位とそれなりの好成績を修めている。

2003年にS級入りを果たし
1年でS級1班に。

そのままS級1班で1線を走り続け
15年にG1を3回決勝進出ししかも上位入着を果たし
獲得賞金ランキング上位となりS級S班入りを果たした。

15年と16年にグランプリ出場しているが
15年は9着で16年は8着と戦績は残せなかったが
夢であるグランプリ出場を2度果たしている。

10/15(木)更新 本当にアタル競輪予想サイトがコレだ!

①競輪CLUB虎の穴
10月10日「宇都宮1R→宇都宮9R」
307,8000円獲得!!

②競輪裏街道
9月20日「伊東9R→伊東10R」
647,190円獲得!!

③シャカリキライダー
9月11日「宇都宮1R→宇都宮7R」
295,500円獲得!!

④JKI 日本競輪投資会
8月25日「玉野2R→玉野7R」
300,240円円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る
⑤競輪カミヒトエ
7月3日「小松島5R→小松島8R」
224,840円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る

■よく読まれている記事