小田原競輪 北条早雲杯争奪戦(G3)競輪グレードレース展望

北条早雲杯争奪戦(GⅢ)

【2020年開催日】8月27〜8月30日
【2020年開催地】小田原競輪場
【優勝賞金】317万円

▼歴代優勝者(直近10年間)
2019年8月27日/郡司浩平選手
2018年8月28日/郡司浩平選手
2017年8月29日/山岸佳太選手
2016年8月24日/郡司浩平選手
2015年9月1日/池田勇人選手
2014年8月17日/桐山啓太郎選手
2013年8月27日/長塚智広選手
2012年8月7日/浅井康太選手
2011年8月16日/脇本雄太選手


■2019年 決勝戦の結果と一言

先行する根田空史選手を捲った郡司浩平選手がそのまま突っ張って優勝した。

南関東のライン強力で圧倒したレースだった。

【8月26日更新】2020年「GⅢ 北条早雲杯争奪戦」の最新情報&無料予想

北条早雲杯争奪戦(GⅢ)
8月27日~8月30日の日程で小田原競輪場で開催される。

S級S班の選手は松浦悠士選手佐藤慎太郎選手郡司浩平選手中川誠一郎選手が出場する。

S級1班選手は比較的に出場する選手少ないのでS級2班の選手にも勝ち上がりに期待が出来る。

▼小田原競輪場「GⅢ 北条早雲杯争奪戦」のバンクの特徴は??

▼小田原競輪場「GⅢ 北条早雲杯争奪戦」のバンクの特徴は??

小田原競輪(8/27〜)「G3北条早雲杯争奪戦」のバンク解説
北条早雲杯争奪戦が8月27日から8月30日に開催される、
小田原競輪場は「333バンク」だ。

バンクの特徴としては、

・全国屈指レベルにカントが急

・見なし直線が短いので先行選手はやや有利

・333バンクと距離が短いので2周地点から早めに仕掛ける傾向にある

すりばちバンクと呼ばれる小田原競輪場。

先行有利と言われる小田原競輪場だが捲り合いになりやすく
逃げ切れるわけではない。

コーナー入りで仕掛けると
カントが急なので外に浮いてしまう。

▼小田原競輪場「GⅢ 北条早雲杯争奪戦」の注目出場選手!
小田原競輪(8/27〜)「G3北条早雲杯争奪戦」の注目選手「松浦悠士」

松浦悠士選手

G1オールスター競輪を優勝した松浦悠士選手

KEIRINグランプリの出場権獲得を得ているが
G3でも本気で走るのか注目だ。

そのオールスター競輪で優勝候補の脇本雄太選手との捲り合いを制しているので
かなり自信が付いているはず。

無理は走りはしないはずだが
今大会優勝候補筆頭だ。

小田原競輪(8/27〜)「G3北条早雲杯争奪戦」の注目選手「郡司浩平」

郡司浩平選手

昨年の北条早雲杯争奪戦を優勝している郡司浩平選手

対松浦悠士選手でレースに望むはず。

今年は勝率は高いもののまだG3を2度優勝しているのみ。
獲得賞金含め今大会は優勝するしかグランプリ出場は厳しい。

小田原競輪(8/27〜)「G3北条早雲杯争奪戦」の注目選手「渡邉雄太」

渡邉雄太選手

静岡の若きイケメン競輪選手の渡邉雄太選手だが
今年はF1優勝1度のみ。

そろそろグレードレース優勝の結果を取りに行くべきだ。

父の渡邉晴智選手はこの時グレードレース優勝を取りに行けるほどの活躍をしている。
父であり師匠を超えるにはそろそろ本格始動しても早すぎることは無い。

小田原競輪(8/27〜)「G3北条早雲杯争奪戦」の注目選手「内山雅貴」

内山雅貴選手

今年特昇でS級2班に昇格している内山雅貴選手
今大会でG3参加は3度目になる。

グレードレースの経験値が浅いのでどれだけ突っ張って
先輩選手たちを勝たせられるのかが今後の成長につながる。

まずは突っ張ってライン勝利を目指す。

小田原競輪(8/27〜)「G3北条早雲杯争奪戦」の注目選手「高橋晋也」

高橋晋也選手

G2ウィナーズカップを準優勝した高橋晋也は
急成長を遂げたと思われたが
それ以降は思ったより戦績は伸びず。

F1一般競走ですら勝てなくなっているのはスランプの可能性も高い。

まだデビューして1年経ったばかりなので
気負わずに走って来年にS級1班を目指してほしい。

10/15(木)更新 本当にアタル競輪予想サイトがコレだ!

①競輪CLUB虎の穴
10月10日「宇都宮1R→宇都宮9R」
307,8000円獲得!!

②競輪裏街道
9月20日「伊東9R→伊東10R」
647,190円獲得!!

③シャカリキライダー
9月11日「宇都宮1R→宇都宮7R」
295,500円獲得!!

④JKI 日本競輪投資会
8月25日「玉野2R→玉野7R」
300,240円円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る
⑤競輪カミヒトエ
7月3日「小松島5R→小松島8R」
224,840円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る

■よく読まれている記事