野口裕史選手の豆知識
野口裕史選手
野口裕史選手

この選手は学生時代から社会人まで続けていた
陸上競技のハンマー投げから
競輪界に転向してきた選手だ。

ハンマー投げでの実力は
全国大会優勝や国際大会出場など
その道でも非凡な才能を開花させていた。

競輪学校にはハンマー投げでの実績を評価され
適正組として入学を果たす。

競争訓練では先行主体にレースを組んでいた事、
経験不足などもあり、そこまでいい成績ではなかったものの
記録会では好タイムを出し期待感を周りに抱かせ卒業した。

プロデビューしてからはあれよあれよという間に
S級班まで登りつめ記念などにもよく顔を出すようになった。

今回の開催では自身初のGⅢタイトルを狙うのみだ。

▼野口裕史選手のプライベート情報

野口裕史選手は元々トップアスリートという事もあり
その友好関係は広く角界の大関・琴奨菊関とも友達だ。

競輪界を目指すきっかけになったのも
自身のトレーニングを取り入れた
琴奨菊関が初優勝を果たしたのを見て、
「自分も負けられない」と奮起したらしい。

そういった事もあり、野口裕史選手の
レースには常にいい意味でプライドが
共存している気がする。

そんな野口裕史選手の武器は「先行力」だ。

愚直なまでに先行に拘る野口裕史選手は
いつの間にかそれ自体が武器になっていた。

各選手を抑え先行に挑むレースは
ファンのみならず選手達の間でも高い評価を受けている。