【京王閣競輪場】G3京王閣ゴールドカップレース2020 無料予想

開催三日目の京王閣競輪の開設記念G3京王閣ゴールドカップレース

二日目は3Rで野田源一選手阿部兼士選手が3着同着となった、
出目自体はどちらも万車券レベルの人気薄の結果だった。

8Rは17万車券の結果で
人気は太田竜馬選手だったが古性優作選手が後方から差して1着
渡邉豪大選手はその古性優作選手を目標に切り替えて上手く2着を取った。

若手の高橋晋也選手は先行し佐藤慎太郎選手小橋秀幸選手を連れて
しっかりとラインで決着させた。

平原康多選手も好調の吉澤純平選手を差したが
ラインワンツーをしっかり決めている。

松浦悠士選手の方は逃げ切り1着で
ライン決着はで気なかったが順当に勝ち上がっていた。

本日は準決勝なのでS級S班選手の動向に注目だ。

▼京王閣競輪 (10/26)「G3京王閣ゴールドカップレース」【12R】S級準決戦[16:25]

京王閣競輪 10/26「G3京王閣ゴールドカップ」の買い目

やはり関東エースの2平原康多選手に期待せざる得ない。
今回は関東ラインの前を走る。

番手には7河村雅章選手8岡田征陽選手を連れて走るが特段付け入る隙はなさそうに見える。

5菅田壱道選手1佐藤慎太郎選手の北日本のラインも要注意だ。
先行力もある5菅田壱道選手が掛かれば1佐藤慎太郎選手の差しの絶好のチャンス。

9北津留翼選手は共同通信社杯初日に松浦悠士選手を破った勢いがあればカマシして逃げ切りもある。

BKBが狙う買い目はコレだ!
【12R】3連単16点勝負
1着 2
2着 1579
3着 15589

京王閣競輪場 (10/26)「G3京王閣ゴールドカップレース」【注目選手】はコイツだ!

12RS級準決戦

北津留翼選手の豆知識

北津留翼選手

2005年に佐世保競輪でデビューし初日1着。
二日目は7着だったので決勝に上がれなかったが最終日もしっかりと1着を取っている。

初優勝は同年10月の熊本競輪で完全優勝している。
その後連勝し特昇してS級入りをしている。

2年後の2007年には高松宮記念杯で初のG1決勝進出を果たしている。
ただしその決勝では落車してしまっている。

そして同年8月には小松島記念G3で記念初優勝を飾った。

今年はF1競走では3度優勝しており
高松宮記念杯では最後方から単騎掛けで松浦悠士選手を破る大快挙を成し遂げた。

そのレースでもわかる通り一気に加速する脚力をもっており
選手の中でおトップクラスの脚力を持っている。

11/11(水)更新 本当にアタル競輪予想サイトがコレだ!

①競輪CLUB虎の穴
11月9日「久留米2R」
211,200円獲得!!

②シャカリキライダー
11月5日「小倉2R→小倉6R」
299,970円獲得!!

③競輪裏街道
9月20日「伊東9R→伊東10R」
647,190円獲得!!

④JKI 日本競輪投資会
8月25日「玉野2R→玉野7R」
300,240円円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る
⑤競輪カミヒトエ
7月3日「小松島5R→小松島8R」
224,840円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る

■よく読まれている記事