【防府競輪場】G3周防国府杯争奪戦2020 無料予想

開催初日の防府競輪の開設記念G3周防国府杯争奪戦

S級S班は、清水裕友選手郡司浩平選手中川誠一郎選手が出場する。

清水裕友選手は3連覇中なので今回優勝できれば3連覇になる。
地元ホーム戦でもあるので一層気合が入っていることは間違いないだろう。

最終日にはデビュー2年以内のガールズ選手が出走する
ガールズフレッシュクイーンも開催される。

防府別府競輪 (10/31)「G3周防国府杯争奪戦」【12R】S級初日特選[16:20]

防府競輪 10/31「G3周防国府杯争奪戦」の買い目

連覇を狙う2清水裕友選手は初日から勢いをつけて駆けるのか?
5郡司浩平選手は前回は2清水裕友選手に敗れているのもある。

通常なら2清水裕友選手のラインの4小倉竜二選手とワンツーや
5郡司浩平選手なら番手の9和田健太郎選手でレース予想を行うが

両者ともに決勝を見据えているからこそ
初日レースをどう動くかが特に見えない。

なので逆に1山田英明選手や7中川誠一郎選手の九州勢や
単騎の6村上義弘選手と3吉田拓矢選手が勝つという展開もある。

先行争いで2清水裕友選手と5郡司浩平選手が共倒れする展開で
今回は九州選手を軸に予想したい。

BKBが狙う買い目はコレだ!
【12R】3連単10点勝負
1着 17
2着 17
3着 23589

防府競輪場 (10/31)「G3周防国府杯争奪戦」【注目選手】はコイツだ!

12R初日特選

園田匠選手の豆知識

園田匠選手

2002年に小倉競輪でデビュー。
初日は1着取るものの二日目最終日は7着と振るわなかった。

A級所属機関は意外にも長く4年後にS級2範囲定期昇級で上がっている。
その後2班と1班を行ったり来た入りと安定性を欠くものの
2009年からS級1班を維持。

12年に日本選手権競輪で初の決勝進出し3着。
15年には寛仁親王牌でG1初優勝しS級S班入りをした過去がある。

KEIRINグランプリ15では4着。

その後はS級S班の有利を活かせずS班陥落し今に至る。

基本スタイルは番手差し。

モットーで最後に現れて1着を取るのが選手としても
ファンにも楽しんでもらえると語っている。

11/11(水)更新 本当にアタル競輪予想サイトがコレだ!

①競輪CLUB虎の穴
11月9日「久留米2R」
211,200円獲得!!

②シャカリキライダー
11月5日「小倉2R→小倉6R」
299,970円獲得!!

③競輪裏街道
9月20日「伊東9R→伊東10R」
647,190円獲得!!

④JKI 日本競輪投資会
8月25日「玉野2R→玉野7R」
300,240円円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る
⑤競輪カミヒトエ
7月3日「小松島5R→小松島8R」
224,840円獲得!!
買い目検証の結果を見る
今すぐ予想を無料で見る

■よく読まれている記事