小川真太郎選手の豆知識
小川真太郎選手
小川真太郎選手

この選手は高校生の頃から
自転車競技をやっており
それをキッカケに競輪界に興味を持つようになり、
競輪選手になった。

学生時代には
選抜大会のスプリント種目で準優勝という
成績を収めるなど短距離種目のトップ選手として活躍していた。

競輪学校時代には
競争訓練、記録会共に好成績を記録し
在校成績3位で技能優秀賞も受賞して卒業。

特にスピード域の高さはずっと評価されていた。

プロデビューしてからも
S級班に特昇するまでの期間が一年足らずという
驚異的なスピード出世であった。

現在も常に右肩上がりの成績で
成長を続けている。

今回の開催では自身初のGⅢタイトルに向けて
勝つためのレース運びになるだろう。

▼小川真太郎選手のプライベート情報

明るい性格で非常に社交的で
ファンや周りの選手達からも愛されている小川真太郎選手。

今や競輪ファンの中で知らない者はいない程の
選手まで成長を遂げた小川真太郎選手だが
実は競輪界に入る前には板前をしていたという経歴を持つ。

板前の頃は毎日早朝から深夜まで、ただただ仕事に追われる日々で
まったく仕事を「楽しい」と思えず、そこでもう一度、
競輪選手になることを決意したそうだ。

一走、一走に覚悟じみたもの感じるのは
こういった背景があっての事なのだろう。

そんな小川真太郎選手の武器は「スプリント力」だ。

そのスプリント力自身の得意戦法である捲りと
抜群の相性を生み出す。

今後の次世代スター選手候補として
業界内でも期待は高まる一方だ。